ツアーコース

伝統文化コース

ソウルの都心、故宮、大型な伝統市場などを経由するコースで、ソウルの現在と過去、そしてソウル市民の暮らしを垣間見ることができます。

路線図で見る

CITY BUS

バス運行時刻表 予約する
  1. 東大門デザインプラザ

    東大門デザインプラザ

    出発地と乗換地点
    東大門デザインプラザは「デザイン、創造産業の発信地」をモットーとする複合文化空間で、世界最大規模の3次元の非定型ランドマークです。世界的なデザイナーであるザハ・ハディッドがデザインしたもので、早朝から夜まで絶え間なく変化する東大門のダイナミックさに着眼し、水が流れるような「換喩の風景」を収めました。2014年のオープン以来、コンベンション、展示、公演、ファッションショーなどの様々な文化イベントが行われてきました。近くには大型ショッピングモールを始めとして清渓川、平和市場、都塔免税店などがあり、様々な見もの、食べものが楽しめるため内外の多くの人々が訪れます。
  2. パンサン、中部市場

    パンサン、中部市場

    パンサン市場はソウルの乙支路4·5街と清渓川の間にあり、清渓川側はクァンジャン市場、乙支路側は中部市場と向かい合っています。「総合包装印刷タウン」をキャッチフレーズとする印刷と包装関連の専門市場で、各種包装資材、床敷きシート・壁紙、販促物、製版・出力、紙、印刷物、タオルなどを主に取り扱っています。中部市場は南大門市場と東大門市場の中間にあります。農水産物の委託商人が集まり、1965年以降に干物や海産物を中心として商圏が形成され、江南・江北を合わせて一番大きな干物市場として成長してきました。
  3. 乙支路3街

    乙支路3街

    乙支路3街の洞名は乙支路で、一帯を分離して管轄するようになってから付けたれた名前です。乙支路の洞名は、1946年に日本式の洞名を韓国式に変更する際に、韓国の偉人のひとりである乙支文徳将軍の姓にちなんで名付けたことが由来となりました。乙支路3街の周辺には在来市場のパンサン市場、中部市場、そして韓国最大の自営鉄工所が密着しています。
  4. 乙支路入口

    乙支路入口

    乙支路入口駅はソウル特別市中区乙支路1街にある地下鉄駅で、地下鉄2号線の市庁駅と乙支路3街駅の間にあります。1983年9月16日に開業し、駅名は近くに乙支路につながる道があることから付けられました。駅の近くには普信閣、ソウル広場、日本政府観光局、韓国銀行, 貨幣博物館、明洞聖堂などがあります。
  5. 青瓦台

    青瓦台

    青瓦台は、韓国の大統領官邸です。北岳山をバックにしたこの建物には、大統領の執務室、会議室、接見室、住居室などがある2階建ての本館と、警護室、秘書室、迎賓館などの付属の建物、そして庭園と北岳山につながる後苑、池などがあります。青瓦台という名前は、大理石で作られた本館の建物に青瓦が使われていることから由来しています。
  6. 通仁市場

    通仁市場

    トンイン市場は景福宮の左側にある市場で、朝鮮時代にはたくさんの芸術家が住みました。トンイン市場でのみお楽しみいただけるお弁当カフェは、昔のコインを購入し、そのコインで好きなおかずをセレクトしてお弁当に詰めます。キルムトッポッキ、ススプクミ、餅、シッケ、チヂミなどのおいしい韓国の料理で自分だけのお弁当を作り、お召し上がりいただけます。近くには玉仁洞で一番美しい朴魯寿の家屋を改造した朴魯寿美術館、世宗大王が生まれた世宗村、古本屋のデオ書店があります。
  7. 世宗文化会館

    世宗文化会館

    世宗文化会館は韓国を代表する公演会場であると共に、公演、展示、文化体験などを行うことができる複合文化空間です。3,000席以上の大劇場と中劇場、室内楽専門、そして美術館と小規模なギャラリーも運営しています。光化門は景福宮の正門で、その横には幅100m、長さ600mの韓国で一番広い道である世宗大路が広がっています。世宗大路の中心部にある光化門広場には世宗大王と李舜臣将軍の銅像があり、すぐ横の世宗路公園にはハングル文字広場があります。景福宮は朝鮮時代の初の宮廷で、朝鮮王朝500年の歴史がスタートしたところです。ソウルに残っている5大宮廷の中で一番雄大で、勤政殿や慶会楼などの代表的な殿閣から格調高い朝鮮の王室文化と生活、そして当時の建築文化までうかがうことができます。宮中文化を展示した古宮博物館と、韓国の生活史を見ることができる民俗博物館もあります。
  8. ソウル駅

    ソウル駅

    ソウル駅は1900年に営業を開始した韓国の首都であるソウルの関門で、京釜線、京釜高速鉄道(KTX)、京義線の始発・終着駅であり、首都圏の地下鉄1号線と4号線の乗り換え駅です。2003年12月に完工した新駅舎には百貨店が入店し、周辺には大型ディスカウント店が立ち並ぶなど、旅行とショッピングを兼ねることができる複合駅として造成されています。
  9. 南大門市場

    南大門市場

    南大門市場はソウルのみならず韓国を代表する、韓国で一番大きな総合市場です。路地に沿って店舗と屋台が並んでおり、衣類、生活用品、食品まで様々な種類の商品を販売しています。ソウル市内の中心街にあり、価格が安いことは言うまでもなく、伝統市場ならではの情にあふれ、外国の観光客を始めとして1日平均40万名の人々が訪れます。
  10. 明洞

    明洞

    明洞は韓国の代表的なショッピングタウンです。各種ブランド店、百貨店、保税店などが密接しており、流行のメッカと言っても過言ではありません。衣類、シューズ、アクセサリーなどの様々な製品がお買い求めいただけます。近くにはロッテ百貨店と新世界百貨店があり、明洞通りにはヌーンスクエア(Noon Square)、明洞ミリオレ、エムプラザ(M Plaza)のようなショッピングモールがあります。各種ブランドショップが中央通りを始めとしてサイドの通りにも密集しており、ショップングと共に様々な見もの、食べものもお楽しみいただけます。
  11. 鐘閣

    鐘閣

    鐘閣はソウル特別市鍾路区鍾路1街の一帯を指す地名で、道路を中心として商店が密集したソウルの代表的な商業地区です。また鐘閣は、年末年始を知らせる普信閣の鐘を打つところでもあります。鐘閣の地下商店街ではショッピングだけでなく、様々な見ものや食べものなどがお楽しみいただけます。近くには清渓川、青春通り、曹渓寺などがあります。
  12. 仁寺洞

    仁寺洞

    仁寺洞は、古美術品や古書店を始めとして、伝統喫茶、伝統工芸品店などが密着している韓国の伝統文化の通りです。かつてからギャラリーが多く、ソウルの代表的なギャラリー通りとして数えられます。向こう側には、韓国の自主独立の精神が宿っているタプコル公園があります。
  13. 宗廟

    宗廟

    宗廟は朝鮮時代の歴代の王と王妃の位牌を祀り、祭事を行う儒教祠堂で、1995年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。毎年5月にここで行われる祭礼を宗廟祭礼と言いますが、1464年から現在まで引き継がれている世界一古い祭礼で、2001年にユネスコ人類口伝及び無形遺産傑作に選定されました。毎週土曜日と最終水曜日はご予約なく自由にご観覧いただけ、それ以外の日は文化財の解説士と共にご観覧いただけます。￿
  14. 広蔵市場

    広蔵市場

    クァンジャン市場は、ソウル市鍾路4·5街と清渓川の間にある卸売・小売市場です。100年以上の歴史を誇る韓服の生地、洋服の生地、カーテン、寝具類などの織物の卸売・小売商が多い市場として有名でしたが、最近では麻薬キンパプ、ピンデトッ、刺身などの特色のある食べ物で有名になりました。食品市場は、本来は夜間に働く織物商や早朝に商品を仕入れる小売商が食事をする場所でしたが、最近では一般の人々のグルメスポットとして知られています。￿
  15. 東廟

    東廟

    東廟は宝物第142号に指定されています。『三国志』の英雄である関羽を祀る廟宇で、正式な名称は東関王廟です。朝鮮時代の末期には関王を関帝と言ったため関帝廟とも呼び、文宣王(孔子)を祀る文廟に対して武安王である関羽を祀ったので武廟とも呼ばれます。関羽を祀った祠堂は、宣祖31年(1598)に南関王廟、高宗20年(1883)に北廟、光武6年(1902)に西廟が建てられましたが、現在は東廟だけが残っています。東廟はこれらの中で一番規模が大きく、きちんと格式を備えた代表的な祠堂です。近くには比較的価格の安い生活用品と、古品や中古品などを販売する常設の露店などがたくさんあります。
  16. ソウル風物市場

    ソウル風物市場

    万物市場、蚤の市として有名であった黄鶴洞市場から由来した伝統市場で、黄鶴洞から東大門運動場に移転し、2008年に現在の位置に開設されました。伝統的な商品と現代的な商品の両方を販売しており、イイダコ、ホットク、コプチャンなどが有名です。
  17. ソウル薬令市場

    ソウル薬令市場

    ソウル薬令市場は、韓国の韓薬材の取引量の70%を占める韓薬材専門市場です。1960年から韓薬材を取り扱う商人が全国各地から清凉里駅を利用して集まり、自然に生じた市場です。ソウル薬令市場には韓医学関連の遺物と資料を展示する展示室と、文化空間を備えた韓医薬博物館があり、1995年から毎年秋には薬令市場の一帯で韓医薬文化祭りを開催しています。
  18. 馬場洞畜産物市場

    馬場洞畜産物市場

    馬場洞畜産物市場は、首都圏の畜産物の60~70%の流通を担っている代表的な畜産物専門の卸売・小売市場です。約3,000店舗が並び、年間の利用客数は約200万名、従事者数は約12,000名で、単一の肉類市場としては世界でも由来がないくらいの大きな規模です。安全な畜産物を安くお召し上がりいただけるので、会社の会食やご家族でお出かけになられるのによいスポットです。
  19. 新堂洞中央市場

    新堂洞中央市場

    ソウル中央市場は日本帝国からの解放と朝鮮戦争の前後にソウルの3大市場に数えられ、1960年代までソウル市民が消費する穀物の約70%を取引した伝統市場です。現在は、鶏と豚の副産物を中心として様々な品目を取り扱っています。中央市場は田舎市場の全てのものがあり、近くには有名な大型厨房用品店、教務用家具専門販売店、そしてトッポッキ通りがあります。￿

Googleマップで見る

  1. 東大門デザインプラザ

    東大門デザインプラザ
    東大門デザインプラザは「デザイン、創造産業の発信地」をモットーとする複合文化空間で、世界最大規模の3次元の非定型ランドマークです。世界的なデザイナーであるザハ・ハディッドがデザインしたもので、早朝から夜まで絶え間なく変化する東大門のダイナミックさに着眼し、水が流れるような「換喩の風景」を収めました。2014年のオープン以来、コンベンション、展示、公演、ファッションショーなどの様々な文化イベントが行われてきました。近くには大型ショッピングモールを始めとして清渓川、平和市場、都塔免税店などがあり、様々な見もの、食べものが楽しめるため内外の多くの人々が訪れます。
  2. パンサン、中部市場

    パンサン、中部市場
    パンサン市場はソウルの乙支路4·5街と清渓川の間にあり、清渓川側はクァンジャン市場、乙支路側は中部市場と向かい合っています。「総合包装印刷タウン」をキャッチフレーズとする印刷と包装関連の専門市場で、各種包装資材、床敷きシート・壁紙、販促物、製版・出力、紙、印刷物、タオルなどを主に取り扱っています。中部市場は南大門市場と東大門市場の中間にあります。農水産物の委託商人が集まり、1965年以降に干物や海産物を中心として商圏が形成され、江南・江北を合わせて一番大きな干物市場として成長してきました。
  3. 乙支路3街

    乙支路3街
    乙支路3街の洞名は乙支路で、一帯を分離して管轄するようになってから付けたれた名前です。乙支路の洞名は、1946年に日本式の洞名を韓国式に変更する際に、韓国の偉人のひとりである乙支文徳将軍の姓にちなんで名付けたことが由来となりました。乙支路3街の周辺には在来市場のパンサン市場、中部市場、そして韓国最大の自営鉄工所が密着しています。
  4. 乙支路入口

    乙支路入口
    乙支路入口駅はソウル特別市中区乙支路1街にある地下鉄駅で、地下鉄2号線の市庁駅と乙支路3街駅の間にあります。1983年9月16日に開業し、駅名は近くに乙支路につながる道があることから付けられました。駅の近くには普信閣、ソウル広場、日本政府観光局、韓国銀行, 貨幣博物館、明洞聖堂などがあります。
  5. 青瓦台

    青瓦台
    青瓦台は、韓国の大統領官邸です。北岳山をバックにしたこの建物には、大統領の執務室、会議室、接見室、住居室などがある2階建ての本館と、警護室、秘書室、迎賓館などの付属の建物、そして庭園と北岳山につながる後苑、池などがあります。青瓦台という名前は、大理石で作られた本館の建物に青瓦が使われていることから由来しています。
  6. 通仁市場

    通仁市場
    トンイン市場は景福宮の左側にある市場で、朝鮮時代にはたくさんの芸術家が住みました。トンイン市場でのみお楽しみいただけるお弁当カフェは、昔のコインを購入し、そのコインで好きなおかずをセレクトしてお弁当に詰めます。キルムトッポッキ、ススプクミ、餅、シッケ、チヂミなどのおいしい韓国の料理で自分だけのお弁当を作り、お召し上がりいただけます。近くには玉仁洞で一番美しい朴魯寿の家屋を改造した朴魯寿美術館、世宗大王が生まれた世宗村、古本屋のデオ書店があります。
  7. 世宗文化会館

    世宗文化会館
    世宗文化会館は韓国を代表する公演会場であると共に、公演、展示、文化体験などを行うことができる複合文化空間です。3,000席以上の大劇場と中劇場、室内楽専門、そして美術館と小規模なギャラリーも運営しています。光化門は景福宮の正門で、その横には幅100m、長さ600mの韓国で一番広い道である世宗大路が広がっています。世宗大路の中心部にある光化門広場には世宗大王と李舜臣将軍の銅像があり、すぐ横の世宗路公園にはハングル文字広場があります。景福宮は朝鮮時代の初の宮廷で、朝鮮王朝500年の歴史がスタートしたところです。ソウルに残っている5大宮廷の中で一番雄大で、勤政殿や慶会楼などの代表的な殿閣から格調高い朝鮮の王室文化と生活、そして当時の建築文化までうかがうことができます。宮中文化を展示した古宮博物館と、韓国の生活史を見ることができる民俗博物館もあります。
  8. ソウル駅

    ソウル駅
    ソウル駅は1900年に営業を開始した韓国の首都であるソウルの関門で、京釜線、京釜高速鉄道(KTX)、京義線の始発・終着駅であり、首都圏の地下鉄1号線と4号線の乗り換え駅です。2003年12月に完工した新駅舎には百貨店が入店し、周辺には大型ディスカウント店が立ち並ぶなど、旅行とショッピングを兼ねることができる複合駅として造成されています。
  9. 南大門市場

    南大門市場
    南大門市場はソウルのみならず韓国を代表する、韓国で一番大きな総合市場です。路地に沿って店舗と屋台が並んでおり、衣類、生活用品、食品まで様々な種類の商品を販売しています。ソウル市内の中心街にあり、価格が安いことは言うまでもなく、伝統市場ならではの情にあふれ、外国の観光客を始めとして1日平均40万名の人々が訪れます。
  10. 明洞

    明洞
    明洞は韓国の代表的なショッピングタウンです。各種ブランド店、百貨店、保税店などが密接しており、流行のメッカと言っても過言ではありません。衣類、シューズ、アクセサリーなどの様々な製品がお買い求めいただけます。近くにはロッテ百貨店と新世界百貨店があり、明洞通りにはヌーンスクエア(Noon Square)、明洞ミリオレ、エムプラザ(M Plaza)のようなショッピングモールがあります。各種ブランドショップが中央通りを始めとしてサイドの通りにも密集しており、ショップングと共に様々な見もの、食べものもお楽しみいただけます。
  11. 鐘閣

    鐘閣
    鐘閣はソウル特別市鍾路区鍾路1街の一帯を指す地名で、道路を中心として商店が密集したソウルの代表的な商業地区です。また鐘閣は、年末年始を知らせる普信閣の鐘を打つところでもあります。鐘閣の地下商店街ではショッピングだけでなく、様々な見ものや食べものなどがお楽しみいただけます。近くには清渓川、青春通り、曹渓寺などがあります。
  12. 仁寺洞

    仁寺洞
    仁寺洞は、古美術品や古書店を始めとして、伝統喫茶、伝統工芸品店などが密着している韓国の伝統文化の通りです。かつてからギャラリーが多く、ソウルの代表的なギャラリー通りとして数えられます。向こう側には、韓国の自主独立の精神が宿っているタプコル公園があります。
  13. 宗廟

    宗廟
    宗廟は朝鮮時代の歴代の王と王妃の位牌を祀り、祭事を行う儒教祠堂で、1995年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。毎年5月にここで行われる祭礼を宗廟祭礼と言いますが、1464年から現在まで引き継がれている世界一古い祭礼で、2001年にユネスコ人類口伝及び無形遺産傑作に選定されました。毎週土曜日と最終水曜日はご予約なく自由にご観覧いただけ、それ以外の日は文化財の解説士と共にご観覧いただけます。￿
  14. 広蔵市場

    広蔵市場
    クァンジャン市場は、ソウル市鍾路4·5街と清渓川の間にある卸売・小売市場です。100年以上の歴史を誇る韓服の生地、洋服の生地、カーテン、寝具類などの織物の卸売・小売商が多い市場として有名でしたが、最近では麻薬キンパプ、ピンデトッ、刺身などの特色のある食べ物で有名になりました。食品市場は、本来は夜間に働く織物商や早朝に商品を仕入れる小売商が食事をする場所でしたが、最近では一般の人々のグルメスポットとして知られています。￿
  15. 東廟

    東廟
    東廟は宝物第142号に指定されています。『三国志』の英雄である関羽を祀る廟宇で、正式な名称は東関王廟です。朝鮮時代の末期には関王を関帝と言ったため関帝廟とも呼び、文宣王(孔子)を祀る文廟に対して武安王である関羽を祀ったので武廟とも呼ばれます。関羽を祀った祠堂は、宣祖31年(1598)に南関王廟、高宗20年(1883)に北廟、光武6年(1902)に西廟が建てられましたが、現在は東廟だけが残っています。東廟はこれらの中で一番規模が大きく、きちんと格式を備えた代表的な祠堂です。近くには比較的価格の安い生活用品と、古品や中古品などを販売する常設の露店などがたくさんあります。
  16. ソウル風物市場

    ソウル風物市場
    万物市場、蚤の市として有名であった黄鶴洞市場から由来した伝統市場で、黄鶴洞から東大門運動場に移転し、2008年に現在の位置に開設されました。伝統的な商品と現代的な商品の両方を販売しており、イイダコ、ホットク、コプチャンなどが有名です。
  17. ソウル薬令市場

    ソウル薬令市場
    ソウル薬令市場は、韓国の韓薬材の取引量の70%を占める韓薬材専門市場です。1960年から韓薬材を取り扱う商人が全国各地から清凉里駅を利用して集まり、自然に生じた市場です。ソウル薬令市場には韓医学関連の遺物と資料を展示する展示室と、文化空間を備えた韓医薬博物館があり、1995年から毎年秋には薬令市場の一帯で韓医薬文化祭りを開催しています。
  18. 馬場洞畜産物市場

    馬場洞畜産物市場
    馬場洞畜産物市場は、首都圏の畜産物の60~70%の流通を担っている代表的な畜産物専門の卸売・小売市場です。約3,000店舗が並び、年間の利用客数は約200万名、従事者数は約12,000名で、単一の肉類市場としては世界でも由来がないくらいの大きな規模です。安全な畜産物を安くお召し上がりいただけるので、会社の会食やご家族でお出かけになられるのによいスポットです。
  19. 新堂洞中央市場

    新堂洞中央市場
    ソウル中央市場は日本帝国からの解放と朝鮮戦争の前後にソウルの3大市場に数えられ、1960年代までソウル市民が消費する穀物の約70%を取引した伝統市場です。現在は、鶏と豚の副産物を中心として様々な品目を取り扱っています。中央市場は田舎市場の全てのものがあり、近くには有名な大型厨房用品店、教務用家具専門販売店、そしてトッポッキ通りがあります。￿
バス運行時刻表 予約する